花束を持っている

プチ整形

美容整形は最近はほとんどがプチ整形という簡単な手術で行われることが多くなっています。医療技術の進歩により、メス不要で「痛くない」「ダウンタイムなし」「腫れが少ない」などリスクが少なく手術ができるようになりました。 美容外科クリニックでも、美容皮膚科と同じようにフォトフェイシャルやピーリング、イオン導入、サマークールなどのスキン系のメニューを充実させている所もあります。いわゆるメディカルエステと言われるもので、最新鋭の美容医療をエステサロン感覚で利用できるので女性に人気があります。今後さらに医療技術が進めば、美容外科クリニックでもすべてのメニューが外科手術なしで行える時代になることが考えられます。

美容外科クリニックで行われているプチ整形は、二重まぶたを作ったり、鼻を高くしたり、胸を大きくしたりする手術や、脂肪を取り除く手術などがあります。二重まぶたのプチ整形には埋没法があります。埋没法はほとんどの美容外科で行われているメジャーな手術です。 また、ヒアルロン酸を注射器を使って体内に入れることで、簡単に鼻を高くしたり、胸を大きくしたり出来ます。ヒアルロン酸はその他にもほうれい線を消したり、唇をふっくらさせたりするプチ整形にも利用されています。脂肪溶解注射を使えば、余分な脂肪を溶かして体外に排出してダイエットができます。部分ごとに痩せることができて、脂肪吸引のようにリスクが高くないのが魅力です。